体質や部位に合わせて選ぶ

注射

副作用は個人差が大きい

多種多様な治療の方法の一環としてボトックスを利用する人が多いですが、利用することをためらう人も少なくありません。ボトックス副作用について調べて不安を感じることが多いといわれていますが、全ての人に副作用が出るわけではないので安心してください。そもそも副作用については、医療機関の技術の差もさることながら、患者の体質や体調面による個人差が大きく影響するといえます。医療機関に対しては信頼性の高い医療機関を選ぶこと、奨励数の多い医療機関でベテランの医師に対応してもらうこと画重要です。ボトックス副作用で一番有名なのは内出血ですが、注射を打ったことによって生じるものなので数日たてば収まります。また、注射をすることによって生じる痛みも、数日たてば治まることがほとんどですが、もし痛みが引かない場合は医師に相談しましょう。基本的に冷やしていれば数日以内に収まることがほとんどなので、それ以上痛みが継続する場合には、医師に相談してください。筋肉をストップさせてしわを取る働きをもたらすのがボトックスの効果であるため、注射をしたことによる違和感もあるでしょう。数日から1週間程度で違和感は収まりますので、慣れるまでは毎日筋肉を意図的に動かしたほうがいいといわれています。体質によっては頭痛やアナフィラキシーショックをもたらすこともあるといわれていますが、カウンセリングが十分なら起こらないといいます。カウンセリング時にアレルギーがあるかどうか、前もって確認してもらうこと、信頼できる医療機関に相談することが重要です。治療する部位や治療するポイントにあわせてボトックス副作用の発生率が異なるため、治療する場所に応じて診療数を確認してください。医療機関によっては通常よりもはるかに奨励数が多いことがありますが、それだけ評判の高い医療機関といえるでしょう。しわ解消に効果が高いとして有名ですが、それだけでなくエラの部分の筋肉に作用して小顔効果を実感する人も多いといわれています。また、多汗症やふくらはぎの筋肉に作用して、足やせ効果を実感するための治療を行う人も少なくありません。それぞれのメリットに応じた治療方法がありますが、基本的な治療の流れは一緒とされているため、参考にしてください。事前にフォームや電話を使って医療機関にカウンセリングの予約を入れてから、医療機関に訪問することが一般的といわれています。医療機関で医療スタッフ、あるいは医師からカウンセリングを受け、治療を行うことが一般的な流れといえるでしょう。医療機関や患者の体質によっては、事前に検査を行ってから治療を行うこともあるため、一概にこの流れが全てとは言えません。しかし、一般的にはカウンセリングを受けてその場で、ボトックス注射を打ってもらうことが多いといわれています。治療を受けてから1週間ほどで、医療機関にいき、経過をチェックしてもらって状況を確認することで、次回のボトックスの量が決まるでしょう。この時にボトックス副作用が出ている場合には、医師に相談することで、対処してもらえる可能性が高いため、副作用を感じるときは必ず相談してください。